FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12



☆拡散希望☆ 兄弟猫の遺棄「千葉県柏市沼南公民館」

*本文中の画像はすべてぽちさんから拝借したものです*




猫友ぽちさん の保護猫 そら君&うみ君 兄弟は

昨年末 譲渡後約4年間も共に暮らした元里親によって車に乗せられ

千葉県柏市沼南公民館に隣接する里山付近に兄弟一緒に遺棄されました



201808240410079e0.jpg





先月ぽちさん がそら君&うみ君の近況を元里親に問い合わせたところ

「実は昨年12月末にふたり一緒にアパートの部屋から脱走してしまった」 と返信があったそうです。

8ヶ月も前に兄弟一緒に脱走していた!?

驚愕したぽちさん が遠方から急遽駆けつけてみると

2014年4月にそら君&うみ君を届けに来た元里親の部屋は既に「空室」になっていました





soraumi-9.jpg
ミルクティー色のタビーと白がミックスしたとても美しい毛色の兄弟です




「脱走後 そら&うみ君を探したけれど見つからなかった」と元里親はぽちさんに説明したそうですが

ぽちさんが各方面をリサーチした結果 元里親が兄弟を捜索した形跡はありませんでした

その後 先月8月23日夜 ぽちさんに同行して元里親に接触を試み真実を問い質したところ

「古新聞をまとめて外に出す際 鬼ごっこで走り回っていた2匹がドアから飛び出してしまった」等

作り話を述べ立てていましたが こちらが矛盾点の数々を指摘すると

涙を浮かべて兄弟を遺棄したことを告白しました。

「昨年12月末 2匹を車に乗せて沼南近隣センター(公民館) の公園に置き去りにした」 と・・・

その時 ぽちさんの心を鷲掴みにした胸張り裂けんばかりの大きな悲嘆と憤りと無念と後悔の思いを

この非情な元里親はほんの僅かでも察することができたでしょうか




2013年5月 ぽちさんはそら君とうみ君を含む幼い4兄妹を畑から保護された後

4兄妹の幸せを心から願って 惜しみない愛情を注ぎケアし大切に育まれました

140424-16.jpg
あめちゃんとにじちゃんは愛情深い里親さまのもとで姉妹仲良く幸せに暮らしています


130606-5.jpg  130606.jpg



現在 ぽちさんはご自宅でたくさんの犬猫の世話をしながら 勤務先での仕事をこなし

僅かな時間を惜しんでそら君&うみ君の捜索に日夜奔走していらっしゃいます

多くのご協力者による遺棄現場から半径2km範囲内のポスター張りと戸別ポスティングの結果

数件の情報がぽちさんのもとに寄せられましたが

残念ながらそら君&うみ君ではありませんでした

8月23日の夜 元里親の告白を引き出した時点では 正確な遺棄現場さえ分かれば

目撃情報が多く寄せられ早期保護も夢ではないと多少楽観的な思いをもちましたが

あれだけ希少で目立つ毛色の兄弟なのに目撃情報が少ないことをとても不思議に思います

複数のアニマルコミュニケイターさんが「ふたりとも生きている」とおっしゃっているそうですし

捜索計画も次のステップに進むようです


そら君とうみ君  ぽちさんが行くまで頑張って生きているんだよ

必ずぽちさんが見つけに行くからね


130621.jpg


130811-3.jpg


soraumi-6_20180911163036e2b.jpg


ぽちさん がそら君とうみ君を胸にギュッと抱きしめる日がどうか一日も早く訪れますように!!!


ぽちさんのTwitter
ぽちさんのブログぽちんち

フォローをどうぞよろしくお願いいたします








[ 2018/09/11 ] 未分類 | |

僕 タンゴ♪






今年 1月の大雪の後 寒さに震えつつ連夜 捕獲器を担いで 少し離れた現場まで通い

やっとの思いで保護した黒猫の男の仔・タンゴ

生粋ノラの成猫なので威嚇が激しく 人馴れさせるのに少し手間取りましたが

今ではほぼ人見知りをしないおっとり穏やかな甘えん坊になっています






IMG_6225 - コピー






人馴れ後に改めて かかりつけ病院で血液スクリーニング検査等の精密検査を受けた結果

FIV・FeLV共にプラスのWキャリアである以外

内臓機能に関わる値は全て正常値で 口内炎やリンパの腫れは全くなく

現在すこぶる健康体!との診断結果でした






IMG_6221 - コピー






空いている1部屋にキャットタワーを設置し

タンゴがのんびり快適に暮らせるよう 『タンゴ専用部屋』 を用意しました






IMG_6217 - コピー






でも

部屋のドアを閉めてしまうとお互いが見えず 隔離しているようでタンゴが可哀想~

そこで

不器用で工作音痴なため DIY とは一切無縁だった私がかなり無謀な一念発起!

インターネットの記事を参考に構想を練って縦格子ドアの作製図を描き

ホームセンターや通販で各種木材・ビス・蝶番・電動ドライバーセット等を購入して準備完了

先ずは ドア枠と丸棒を順次組立てて縦格子ドアを製作し

上下にラブリコをセットしてしっかり固定した2×4材の支柱に

スウィングドア片開き用蝶番を使って縦格子ドアを取り付けて完成~♪

蝶番に関わる作業が一番の難関でしたが 出来上がりには大満足!

最後に簡単な引っ掛けタイプのカギと内側には取っ手を付けました






IMG_6232 - コピー
押して入るとバネが効いて自動で閉まります
(ドアが閉まる速度は調節できるので安心です)






タンゴ部屋の中には私用のデスクも入れたので

できる限りタンゴと一緒に過ごすようにしています






IMG_6235 - コピー
「あの~ ボクのご飯まだですか?」






外で飢えた経験があるのでしょう 食欲旺盛であっという間に食事を完食します

私もタンゴには甘くなりがちで 「ごはん大盛りね!」 のリクエストについ応えてしまい

あっという間に体重が6kgを超えてしまいました

そろそろカリカリを低カロリーフードに変えなくては・・






IMG_6275 - コピー
ど~~~ん!?






Wキャリアですが現在は健康体ですし 温和な性格のとてもお利口な甘えん坊なので

1頭飼育でタンゴにたっぷり愛情を注ぎ可愛がってくださるご家族に託したい思いはあります

のんびり家族募集をしてみようかな






IMG_6273 - コピー





leaf03-001_20180608154636068.gif





ブラッシングOKになったら家族募集を開始しようと思っていたフッサフサ長毛の「つむぎ」





IMG_6198 - コピー






ゴロゴロ喉を鳴らしてお腹を見せ

ゆったりとブラシをかけさせてくれるようになりました






IMG_6287 - コピー






就寝前のじゃらし遊びが日課です♪





IMG_6346.jpg













[ 2018/06/08 ] タンゴ | |

あともう少し・・ & 新入りさん







桜が開花する頃には家族募集開始~♪ を目指している つむぎ

朝食後 日向ぼっこを兼ねてお外ウォッチングするのが日課です







IMG_5792 - コピー






表情が随分穏やかになり 少しずつ人の手を受け入れてくれるようになりました

リラックスしている時はブラッシングもさせてくれます






IMG_5772 - コピー






お外時代と保護当初は長毛であることに気付かなかったのですが

いつの間にか 純白フワフワのショールを胸元に纏った美猫に変身しました






IMG_5956 - コピー






普段はとても温和でおしとやかなレディなのですが

じゃらしを目にすると 瞳がキラリと輝き ~ 体育会系女子に変身します

「カサッ」 ほんの僅かなじゃらしの音を決して聞き逃さず

すばやく耳を立て 一目散にすっ飛んでくる無類のじゃらし好き






IMG_5770 - コピー






獲物を狙う瞳は真剣そのもの






IMG_5757 - コピー






素晴らしい動体視力と瞬発力の持ち主で

ビューンビューンと工夫を凝らした角度と速度でじゃらしを操っても

あっという間に狙った獲物を捕えることができます






IMG_5691 - コピー






丈夫で健康! 生活面でも一切問題がない優等生なのですが

用心深くてビビりなのが玉に瑕?






IMG_5806 - コピー






桜の季節までもうあと僅か

それまでにヘソ天でお腹モフモフできるようになるかしら・・・






IMG_5610 - コピー




107_201802122038322fb.gif





先月の大雪が降った夜間に雪の中を彷徨っている猫がいると知人から連絡があり

その後連夜 その場所に捕獲器をセットしに通ったものの猫は全く姿を見せず

この周辺には もういないのねと保護を諦め

それでも最後 あと15分だけ と待っていたその間に

 ガシャン!と捕獲器の扉が閉まる音が \(^o^)/






IMG_5815.jpg






1、2歳のまだ若い黒猫の男の仔です

去勢手術を始め必要な医療処置を受けさせたところ

猫白血病ウィルス陽性であることが判明しましたが

少し鼻水が出ている程度で健康状態に問題はないとのこと

生粋ノラさんらしく激しく威嚇してきますが 

暖房が効いた独り部屋のケージ内で現在ゆっくり静養中~

名前は タンゴ と付けました






IMG_5818.jpg





これまでに数多くのノラさんを保護してきましたが

白血病ウィルス陽性の仔は初めてなので

信頼できるボラ友・猫友さん達からアドバイスいただきながら

のんびり平穏な 家猫としての暮らしを楽しんでもらえるよう努めます

先月1月9日に天に召された我が家の愛猫 とんぼ が タンゴを私のもとに誘導してくれたのでしょう

先ずは人馴れ修行からぼちぼち頑張ってもらいます





とんぼ~♡  『 ねころん家 天国ANNEX 』で懐かしいみんにゃと再会できたよね

IMG_1846 - コピー

可愛い トントン また会おう











新年のご挨拶






IMG_5278 - コピー


明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします






保護後 1年を経過して

ようやく時々撫でさせてくれるようになった つむぎママ

一昨年の秋に つむぎ一家全5頭を一挙まとめて保護したのですが

つむぎの弟と つむぎが産んだ3子猫は昨年 それぞれが良縁に恵まれて

みんにゃとても幸せに暮らしています






IMG_5300.jpg






つむぎは警戒心が強くてなかなか触らせてくれなかったのですが

大好きなじゃらし遊びを通して少しずつ距離が縮まってきました






IMG_5191.jpg






端正な顔立ち&フワフワゴージャスな長毛の貴婦人風美猫です

神秘的色合いのくっきり大きな瞳と口元横の色っぽい?ほくろがチャームポイント






IMG_5214.jpg






ヘソ天のモフモフお腹を撫で放題~! になったら お家探しができるかな~

桜の花が咲き始めるころには家族募集ができるよう頑張らなくちゃ






IMG_5280_20180103215806de4.jpg

ピンクのお鼻もチャームポイント










すばる 幸せにね ♪







11月初旬 車のエンジンルームから救出され 

縁あって我が家の保護部屋にやってきた すばる






IMG_1861.jpg






あっという間に元気でお利口な健康優良子猫となり

家族探募集を開始したところ






IMG_4907_20171210093458fd1.jpg






ワクチン接種を終えたタイミングで 最高のご縁に恵まれ

とっても素敵なご家族の一員として迎え入れていただくことになりました






IMG_5009_201712101006292dc.jpg   IMG_4801_20171210100627ca8.jpg






12月3日 日曜日 

澄み渡った青空の下 暖かい日差しが降り注ぐ小春日和の朝に

約20分程ドライブした後 里親様宅に到着

すばるを待ちわびつつ描いてくれたすばるの絵を手に

小学校2年生のMちゃんとパパさま&ママさま

ご家族全員が温かくすばるを迎えてくださいました






IMG_5124.jpg
Mちゃん 可愛い絵をありがとね~♪






明るい陽射しがたっぷり降り注ぐMちゃんのお部屋に用意してくださった猫グッズの数々

ベランダ沿い南面には猫が大好きなコタツが設置されたリビングルームが更に続いていて

部屋中ぽかぽか暖かい陽射しがいっぱい!

猫にとっても最高に居心地の良いお住まいです~






IMG_5109.jpg






早速 Mちゃんに抱っこしていただきました

これから毎日 優しいお姉ちゃんがたくさん遊んでくれることでしょう 良かったね! すばる






IMG_5115.jpg






すばるが安全に暮らせるよう 万が一に備えて脱走防止対策をしっかり施してくださいました

ベランダに面する掃き出し窓3ヶ所には 網戸側に天井までのワイヤーネットを

ベランダへの出入り口側には足元すり抜け防止フェンスを設置してくださっています






IMG_5106_20171210131044b6c.jpg






リビングのドアと玄関ドアには足元すり抜け脱走防止フェンスが設置されています

猫は頭を下げ低い姿勢で足元を走り抜けるので このような簡単なフェンスであっても効果は絶大です

外からドアを開けるときは膝やかばんを使い隙間を塞ぎながら用心深く開ければ

玄関からの脱走事故はほぼ防げるはずです






IMG_5112.jpg     IMG_1992.jpg






すばるは引越し当日からしっかり食事をし トイレは完璧!

健康面・生活面 共に何の問題もない優等生とのことで

ご家族皆さまに可愛がっていただき幸せに暮らしています

名前はそのまま すばる になりました






IMG_1991_201712092143581f8.jpgIMG_1993.jpg






ただ私は・・人間家族とのかかわり合いしかない暮らしよりも

人間家族の愛情に包まれつつ 同族である猫仲間とも共に暮らせる生活が

猫にとって よりいっそう幸せな生活環境であると考えています

すばるに兄弟を迎えてやってほしいとの私の希望を里親様ご家族は快く受け入れてくださって

近々ボラ友ぽちさん宅から3週齢ほど年上の猫のお兄ちゃんがやってきます






171030-1.jpg
温彦君  (ぽちさん 写真を拝借しました)


遊び盛りの男の仔×2ですので無邪気に追いかけっこやにゃんレスリングをして元気に遊び

ご家族を大いに笑わせ楽しませることだろうと思います



H 様  たくさんの猫さんたちの中からすばるを見つけてくださって本当にありがとうございました
すばるをどうぞ末永くよろしくお願いいたします
Mちゃん  長いしっぽのふたりの弟たちをよろしくね!
人間家族にとっても子猫の2頭飼育は1頭飼育に比べて楽しさは100倍になりますよ~(≧▽≦)








[ 2017/12/10 ] すばる | |