2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07



続々保護







数年間に1,2頭 他所から流れてくる猫を保護する程度で 平和な状態が長く続いていた我が家周辺地域

2台の捕獲器は全く出番がなく ガレージの棚でほこりを被っていたのですが・・・


6月中旬 近くにあるお寺の周辺で子猫2頭を目撃したとの情報があり 早速リサーチを開始

母猫と思われる黒猫の他に 更に2頭の成猫がいて 他所から移動してきた猫 全5頭の姿を確認しました

幸い お寺のご住職や周辺住民の方々が快くご協力くださって 24時間安全な絶好の捕獲器設置場所を確保

捕獲器使用による子猫保護は初めてな上 2頭いるのでガチャン!と閉まる扉に挟まれないかとハラハラしましたが

先ずは子猫2頭を無事に保護

向かって右の子猫は左目が赤く腫れ眼球が殆ど見えず 片目は駄目かも・・と心配しましたが






IMG_6878.jpg






毎日の点眼と服薬で現在はきれいに完治しています

女の仔で仮名は『まや』






032_20160711213552fd0.jpg
服薬&点眼を開始して数日後  順調に回復中






こちらも女の仔ですが、まやと比べると 少しおチビさん

仮名は『さや』 とつけました






IMG_0753s_20160711213518dc4.jpg






まや&さやを捕獲した後 動物病院に連れて行く前に もう1台の捕獲器をセットしておき

帰宅後確認しに行くと ママ猫が中に入って唸りながら大暴れしていました

翌日 避妊手術や諸々の医療処置のために搬送した病院でも

狭い捕獲器の中で2回転 3回転・・転げ回って暴れる姿を目の当たりにした先生は

「う~ん これは・・・耳カット入れておいた方がよさそう」

私もその場で同意はしたものの 結局リリースすることができず保護部屋に入居してもらいました






IMG_6891.jpg






勿論ケージ内で大人しくしている筈もなく 顔がこのように傷だらけになってしまいました

鼻筋は結構深く抉れているので果たして毛が生えてくるかどうか・・ちょっと心配です

小柄ですが とても大きな瞳がチャーミングな美猫ママ






IMG_6957.jpg






現在も未だガッ!ブッ!バッ!と迫力満点な破裂音を炸裂させていますが

猫砂を外にかき出しトイレや水をひっくり返したり

顔や頭を使って力任せにフェンスをこじ開けようとする行動はすっかり治まりました

仮名は『レイン』 です






003_20160711213437bc5.jpg
怒っている顔もチャーミング






その1週間後に4頭目を捕獲しました

この仔はロシアンブルーらしき男の仔で 現在猫友宅に滞在中

仮名は『ロッシ』 ロッシも威嚇がかなり激しいツワモノのようです






IMG_7037.jpg






そしてなかなか捕獲することができず 約1ヶ月に亘って散々苦労させられたのがこの仔です

女の仔らしい容姿?でしたので1日も早く保護しなければと焦る私を・・見事に翻弄し続けてくれました(-_-;)

が・・・ ご協力くださった 頼もしい助っ人 のおかげで今朝4時過ぎにようやく御用となり

既に避妊手術を終え保護部屋に入居しています

仮名は『ナナ』 にしました






IMG_7181.jpg






どの仔もみんな 人間不信の生粋ノラさんですので人馴れ修行から始めなければなりませんが

取り敢えず 5頭全てを無事に保護できたことが嬉しくてひとまずホッとしています~

ここから先はゆるゆる頑張ります
















[ 2016/07/16 ] レイン | |